サンディエゴ動物園はとにかく広い

2017年の2月に行った、サンディエゴ動物園について書いていきます。
動物の生息地ごとに9つのエリアに別れていて、その時はAfrica Rocksにあたるエリア全体が改修工事中だったのですが、2017年夏にオープンしたと聞き、ウェブサイトを見たらまた行きたくなってしまいました。

園内マップは入り口からすぐの所にも置いてありますし、ウェブでこちらのページからダウンロードもできます。
私も初めて見る動物がたくさんいましたが、動物の名前がわからなくても絵で書いてあるのでわかりやすいです。

園内はとても広く、Africa Rocksに入れなかったにも関わらず、残りのエリアさえ全て回ることはできませんでした。
これが、また行きたい!っていう気持ちにさせるのかも。
2016年になんと開園100周年を迎えたサンディエゴ動物園。初めてみる動物はゆっくり見たいし、私たちが訪れた時には100周年グッズのセールなどもやっていたし、良いデザインのTシャツなどもあったし、ついつい買い物に時間を割いたためということもあるかもしれません。

下調べをせずに行ったため、まずはGuided Bus Tourに乗って、園内の全体像を把握しよう!という友人のナイスアイディアにより、まず園内バスに乗りました。動物によっては全然バスの座席から見えない時もありましたが、あとでまた見に戻るつもりでしたので、楽しめました。
というのも、園内には植物もたくさん植えられていて、こんなに生い茂っているのでバスからは動物が見えなかったり。

まるで森…

約660種類もの動物がいるらしく、写真もたくさん撮ったのですが、全部載せられないので、個人的な好みでこれは!と思ったものだけ載せます。

バスから見て、一番気になって降りてから真っ先に戻ったのがこの子。
Red River Hogという西&中央アフリカの熱帯雨林に住んでいる動物です。初めて見ましたが、長い耳毛とかきれいな色とかせわしなく動く様子とか面白かったです。なんだかせわしなく(ブヒブヒブヒという揺れ)動いているせいか?写真が上手に撮れませんでした。

他にも初めて見た(と思う)動物はヤマアラシやマレーバク。
マレーグマという小ぶりなのに爪が怖いほど鋭いクマも今まで見たことないような(今の時点で写真載せてません)。

可愛らしいお顔

意外に大きくて針がすごく長くて鋭くて、これは本当に痛そうだ

お昼寝中

いつだったかよこはま動物園ズーラシアのオカピに関するニュースを見てから、ずっと見てみたいと思っていたオカピ。
とても静かで、他の有名な動物を組み合わせたような模様の不思議な動物でした。

長い舌にびっくり。

サンディエゴ動物園は全体的に、動物が近くで見られる気がします。動物の説明板も充実。

カバがプールでエクササイズしている様子に見入ってしまいました。かなりのスピードでタっタっタっと走ってきて、

じゃんぷっ!!! スイーーーーっと飛行船のように飛ぶ。
を延々と繰り返す。水槽のガラス近くでは人間の子どもたちがカバを追って並走する様子も、見ていて楽しかったです。

スイーーーーっ。。足の裏こうなってるんだ…

さすがにコアラは遠くにいるね、なんて話していたら結構近くの枝にも寝ていた。

パンダの横には、その時間帯だけなのかずっとかわかりませんが、パンダが今している一挙一動について解説やクイズを出してくれる方がいました。訪れた時にはパンダはかなり活動的に動いていて、歩き回ったり、竹をかなり厳選してむしゃむしゃ食べたり。近くのグリズリーもすごい迫力でした。

お尻もふわふわ

エイプのエリアも印象深く、訪れた時にはチンパンジーの子どもがいて、麻袋を振り回して遊んだり、お尻の下に座布団のようにして敷いたりしていました。

オランウータンに見つめられているような…

園内の移動手段としてのバスやロープーウェイ、飲食店も今回利用しませんでしたし、
まだエリア自体見れていない所もあるし、70億円??もの大金をかけて、より自然状態に近く改修されたAfrica Rocksも見てみたい。
動物園の外の巨大なバルボアパークも気持ち良さそうだったので気になるし、きっとまたリベンジしたいと思います。

サンディエゴ動物園のウェブサイトはこちら
ライブカメラ映像や、動物についてのビデオなども充実していて、ウェブサイト自体も面白いです。
ダウンタウンからMTSバスで行きました。








2 件のコメント

  • かばのおしりって初めて見た!可愛い~!